株式会社チャンス

介護資格講座
Tel:0120-704-272
訪問療養マッサージ
Tel:0120-978-379
デイサービスほっと
Tel:029-873-2525
総務・経理
Tel:029-874-6422

訪問マッサージと訪問リハビリ、いったい、何処が違うの?

 

チャンスのサービスは訪問マッサージですが、利用者様やご家族によく聞かれるのが「訪問マッサージと訪問リハビリはどう違うのですか?」という質問です。特に、初めてのご利用者様などから聞かれることが多いのですが、目的や対象者の条件、適用される保険などの違いを下記の表にまとめてみました。

 

 

  訪問マッサージ 訪問リハビリ
マッサージの目的

関節の動きや疼痛の改善
動作機能の回復など

日常生活の自立を助けるための
体の機能を維持、回復
対象者の条件 寝たきりや歩行が困難で通院できない人 要支援・要介護者
サービス提供者 あん摩マッサージ指圧師 理学療法士等
適用される保険 医療保険のみ 介護保険、医療保険
該当する病状・疾患等 筋麻痺、運動機能障害、筋委縮などの症状やその原因となる病名 「介護保険」は疾患の種類は問わない(65歳以上)
「医療保険」は20の「厚生労働省が定める疾病等」
医師が作成する書類 医師の同意書(診断書) 医師の指示書または診療情報提供書

 

それぞれの目的

訪問マッサージ

筋力の維持や向上、脳梗塞や脳出血で麻痺や拘縮がある人のための関節可動域の維持や拡大、むくみやしびれがある人のための血液やリンパ液の循環の改善、強度なコリや疼痛がある人のための痛みや筋緊張の緩和です。

訪問リハビリ

要支援・要介護者が在宅で日常生活を送るために、身体の機能の回復や維持するリハビリテーション(機能訓練)です。

対象となる人

訪問マッサージ

歩行が困難な人や寝たきりの人で、医師に医療上マッサージの必要性が認められた人。

訪問リハビリ

要支援・要介護者で、医師に日常生活を送るためにリハビリの必要性が認められた人。

サービス提供者

訪問マッサージ

就業としてマッサージが行える国家資格を持った「あん摩マッサージ指圧師」が行います。

訪問リハビリ

身体機能チェックと動作訓練を行う理学療法士等がリハビリの一環としてマッサージを行っています。

適用される保険

訪問マッサージ

医療保険のみが適用されます。したがって、介護認定の有無は問いません。

訪問リハビリ

基本的に介護保険が優先されますが、末期の悪性腫瘍やパーキンソン病関連疾患など20ある医療保険の「厚生労働省が定める疾病等」に該当する場合は、医療保険が適用されます。

 

期待される効果

訪問マッサージ

あん摩マッサージ指圧師は、マッサージによる身体への力の加減とそれに伴う効果について習得しているため、高齢で関節に痛みのある人や病気で体力低下が著しい人に対しても、身体に負担をかけることのなく施術が行われ安心です。

マッサージの効能としては、血液及びリンパ循環の改善、精神的安静、関節可動域の改善により消炎鎮痛が期待できます。そして、運動機能の向上、生活リズムの形成を目指します。

訪問リハビリ

一方、訪問リハビリは、立ち上がりや歩行、姿勢保持、車いすなどへの移乗、トイレ動作や入浴動作、着替えなどの日常生活におけるさまざまな動作を行えるようにリハビリをするもので、そのために必要な筋力の低下予防と改善のためにマッサージも行われます。

 

 

訪問マッサージと訪問リハビリは、組み合わせて利用することもできます

訪問マッサージと訪問リハビリはどちらも、医療上必要とされるマッサージやリハビリを行うという点で共通しています。どちらを利用するかは同意書や指示書を作成する主治医によく相談することが第一です。

例えば、寝たきりによって硬くなった筋肉を緩め、痛みやしびれを軽減させる消炎鎮痛を目的とする場合は、訪問マッサージによる施術を検討してみましょう。

一方、寝たきりの生活から脱却することを目指して、起き上がり、座位、車いすへの移乗といった動作訓練を目的にする場合は、介護保険による訪問リハビリが適していると思います。

 

なお、訪問マッサージと訪問リハビリは、組み合わせて利用することもできます

例えば、リウマチの患者が訪問リハビリを利用して動作訓練を受けながら、痛みを緩和するために訪問マッサージを利用することは可能です。

 

在宅療養者は信頼できる訪問マッサージのサービスを受けられれば、日常生活を続けていくうえで大変心強いでしょう。

定期的に訪問してもらうことによって精神的な安定がもたらされ、マッサージを受けながらの会話はストレス軽減にもつながります。

かかりつけ医によく相談しながら、訪問マッサージを上手に利用してください。また、保険診療だけでなく、状況によっては自費での利用を検討してみるのもよいと思います。