株式会社チャンス

介護資格講座
Tel:0120-704-272
訪問療養マッサージ
Tel:0120-978-379
デイサービスほっと
Tel:029-873-2525
リフォーム事業部
Tel:029-869-7771
総務・経理
Tel:029-874-6422

訪問マッサージと訪問リハビリ、併用することで効果が上がる!

訪問マッサージ 訪問リハビリ それぞれの目的

訪問マッサージと訪問リハビリはどちらも、医療上必要とされるマッサージやリハビリを行うという点で共通しています。どちらを利用するかは同意書や指示書を作成する主治医によく相談することが第一です。

例えば、寝たきりによって硬くなった筋肉を緩め、痛みやしびれを軽減させる消炎鎮痛を目的とする場合は、訪問マッサージによる施術を検討してみましょう。一方、寝たきりの生活から脱却することを目指して、起き上がり、座位、車いすへの移乗といった動作訓練を目的にする場合は、介護保険による訪問リハビリが適していると思います。

 

訪問マッサージと訪問リハビリは、組み合わせて利用することもできます

例えば、リウマチの患者が訪問リハビリを利用して動作訓練を受けながら、痛みを緩和するために訪問マッサージを利用することは可能です。

 

  訪問マッサージ 訪問リハビリ
目的・目標

つらい症状や痛みの緩和

機能や動作の維持向上
具体例

狭まった関節の動きをほぐし可動域を維持向上させる
筋肉の緊張からくる痙縮(突っ張り等)の緩和

出来なくなったこと(歩行・座位・寝返り等)の改善・回復

発声を大きくする

嚥下(飲み込み)を改善する

対象者の条件

寝たきりや歩行が困難で通院できない人

医師がマッサージを必要と同意した人

 

心身の機能が低下した人

医師がリハビリが必要であると認めた人

医師が作成する書類 医師の同意書(診断書) 医師の指示書または診療情報提供書
サービス提供者 あん摩マッサージ指圧師 理学療法士、作業療法士 等
適用される保険 医療保険のみ 介護保険、医療保険
該当する病状・疾患等 筋麻痺、運動機能障害、筋委縮などの症状やその原因となる病名 「介護保険」は疾患の種類は問わない(65歳以上)
「医療保険」は20の「厚生労働省が定める疾病等」

 

”マッサージで身体を動かすこと” に慣れてから ”リハビリテーションに移行する” という考え方

「マッサージ」の本来の目的は「寝たきりや歩行が困難で通院できない人」に対して「身体の痛み」や「しびれ、麻痺などの不快感」を緩和することにあります。これに対してリハビリテーションは「失われた機能の回復や維持・改善」を目的とした機能回復訓練です。

寝たきりや歩行が困難で通院できない人」にとっては、いきなりリハビリテーションで機能の維持改善を求めることは困難であり、場合によっては苦痛を伴うこともあります。

「訪問マッサージ」と「訪問リハビリ」はどちらかを選択するのではなく、併用することで、穏やかに、徐々に回復に向かわせることが可能です。

寝たきりの状態で「床ずれ」や「むくみ」がある場合はマッサージによる痛み・不快感の緩和が先行して必要であり、改善する中で「身体機能の維持改善」のためのリハビリテーションが有効な手段となります。

また、寝たきりや廃用症候群が疑われ始めた段階から、直接、リハビリを行うことはかなりの負担が生じます。そんな場合、マッサージによる緊張からの開放や、身体に触られることへの抵抗感を和らげるために有効なのがマッサージです。これは、退院したばかりの患者さんに対してのリハビリにおいても同様です。

 

リハビリで起こる「疲れ」「痛み」をマッサージで癒やす

リハビリテーションは「失われた機能の回復や維持・改善」を目的とした機能回復訓練ですから、同じ動作の反復や、機能が低下した部位に対して強い運動を行うこともあります。この際に生じた「痛み」「疲れ」が原因で機能訓練を嫌がり、短期間で(効果が現れる前に)止めてしまう方もいます。こうしたリハビリの合間に定期的なマッサージを導入することで、リハビリの効果も向上し、何よりリハビリの継続が期待できます。リハビリによる訓練とマッサージによる開放が、身体機能の維持回復を早めます。

また、脳血管疾患などの後遺症による麻痺や、関節拘縮などで可動制限が始まった硬い関節などは、そのまま放置しておくと廃用症候群に発展してしまいます。この場合もリハビリテーションとマッサージの併用が効果的です。リハビリでは歩行訓練で身体機能の強化を行ったり、関節運動訓練で可動域を広げたりしますが、何れの訓練も患部とは離れた部位で、苦痛や筋肉疲労を伴います。こうした時に、マッサージによる筋肉の緊張の緩和、訓練疲労からの開放を行うことで、リハビリ効果の促進や訓練の継続が楽になり、結果として効果的なリハビリが可能となります。

認知症予防との併用にも効果が見られるマッサージ

 近年、脳血流の低下が認知機能障害を引き起こすことが、広く知られて来ました。脳小血管病は、脳卒中のように脳の太い血管に起きるのではなく、脳の細い血管に梗塞や出血が起こります。そのため、多くの場合症状が出にくく、知らないうちに病変の数が増えてしまうことがあり、認知症が起きやすくなります。マッサージは末端の毛細血管を刺激し、末端から心臓に向かう静脈還流を促します。また、筋肉の緊張を緩和し、精神的な安定を生みます。加えて、施術師との会話により脳の活性化と血流改善が促されます。
 私たちは人と話すとき、1秒間に2つ~3つの言葉を生み出していますが、このような言葉の選択を、相手の話に合わせたり、雰囲気をつかんだりと、脳へさまざまな形でアクセスしながら行っています。会話というのは、このように非常に頭を使う行為でもあります。「認知症カフェ」や「デイサービス」等とマッサージの併用により、認知症予防効果がより向上します。

 在宅療養者は信頼できる訪問マッサージのサービスを受けられれば、日常生活を続けていくうえで大変心強いでしょう。

定期的に訪問してもらうことによって精神的な安定がもたらされ、マッサージを受けながらの会話はストレス軽減にもつながります。

かかりつけ医によく相談しながら、訪問マッサージを上手に利用してください。また、保険診療だけでなく、状況によっては自費での利用を検討してみるのもよいと思います。

 

お問合せ・お申込みは お電話か、下記の専用フォームから!

フリーダイヤル 0120-978-379 にお電話ください。

お問合せ・お申込み専用フォーム